3.11

あの日から11年が経ちました。
被害に遭われた方に、黙祷を捧げます。


あの日、皆さんは誰と何処にいましたか?
私は、青梅街道沿いの携帯電話ショップで、電話の修理を依頼している時でした。
激しい揺れ、ビルの中に入る会社のOLさん達の叫び声、近隣の古びたビルの非常階段が落下する轟音、全ての車が停まり、静まり返った青梅街道。
事務所に戻ると本棚が倒れ、書籍と書類がばら撒かれていました。
隣室の方の部屋のTVを一緒に観たときの衝撃は、生涯忘れることなど、出来ないほど、心に刻まれました。
その記憶は今も、鮮明です。
災害の多い日本で、私たちは時に助け合いながら生きてまいりました。それが、自然でした。
今、ヨーロッパで起きていること。ウクライナ🇺🇦の、罪なき方々の気持ちに少しでも寄り添えるのでは無いかと、今日の日に思います。